新橋駅 徒歩3分 ・ 安心して依頼できる法律事務所
サイトマップ     お問い合わせ    

原・白川法律事務所 hara shirakawa law office

取扱い案件

相続・遺言

相続でお悩みの方へ

相続処理の流れ
相続人の範囲
遺産分割協議
分割調停
寄与分・特別受益
相続放棄・限定承認・単純承認
相続と登記
相続税の支払い 

遺言のおすすめ

遺言とは
遺言の種類
遺言が役に立つケース
遺留分
遺言執行者
遺言執行
遺言の無効
必要な手数料(当事務所用)
 
債権回収

債権回収とは

回収の方法

任意回収

相殺
債権譲渡
商品の回収

強制回収

競売の申立
支払督促手続
少額訴訟手続
民事調停手続
民事訴訟手続
強制執行手続

証文は必要か

消滅時効

 
借地・借家問題

借地借家法とは

借地借家法
借地に関する規定のあらまし
借家に関する規定のあらまし
借地関係
借家関係
定期借地権
定期借家権

借地非訟事件

借地非訟事件のあらまし
借地条件変更申立
増改築許可申立
賃借権譲渡許可申立
競売の場合の譲渡許可申立
借地非訟事件の特色
 
隣地・隣家問題

隣地とのトラブル

隣地問題の重要性
土地の境界の問題
塀や柵の問題
隣地の竹木等との関係
流水の問題
ガス管・水道管の設置

周囲とのトラブル

日照権・通風権・眺望権
騒音・振動
他人の土地の通行権

建物建築の際の注意点

建築工事の際の隣地使用権
建物の建築と境界線
目隠し設置義務
建築協定
 
不動産売買

不動産売買の重要性

売買を行う際の注意点
仲介手数料の支払い

境界トラブル

境界トラブルとは
協議による解決
筆界特定制度
筆界確定訴訟

瑕疵担保責任

 
交通事故

交通事故で困ったら

最近の情勢
弁護士に依頼すべきケース
3つの責任
事故を起こしたとき
当事務所の料金表

損害保険会社との交渉

損害保険会社との関係
自賠責保険・任意保険
休業損害
過失割合
後遺障害
 
医療過誤

医療過誤訴訟とは

賠償責任が認められる場合

医療過誤訴訟の流れ

医療過誤訴訟の困難性

当事務所の考え方

 
労災請求

労災請求について

労災請求とは
労災保険の対象
労災事故の認定要件
保険給付の内容

安全配慮義務違反

安全配慮義務とは
労災請求との関係
賠償金の支払い
 
過労死・過労自殺

過労死・過労自殺とは

過労死・過労自殺につい
過労死の認定条件
過労自殺の認定条件
既往症との関係
請求の方法

安全配慮義務違反との関係

 
労働トラブル

労働トラブルとは

賃金・残業代未払い
解雇・退職
休職制度の利用
パワハラ・セクハラ

労働審判制度

労働訴訟制度

 
債務整理

多重債務の整理

自己破産
任意整理
個人再生

過払金の請求

過払金とは
無料相談
 
成年後見制度

成年後見制度について

成年後見制度とは
利用されるケース
プライバシーへの配慮
申立手続の流れ
必要となる費用

任意後見制度について

任意後見制度とは
後見監督人の選任
 
離婚問題 

離婚をためらっている方へ

はじめに
離婚とは
協議離婚
離婚届の不受理制度
調停離婚
裁判離婚
当事務所の考え方
離婚原因いろいろ
必要となる費用

弁護士の探し方

離婚に強い弁護士

婚姻費用分担金の請求

離婚に関するパスワード

 
刑事事件

刑事事件について

刑事事件とは
当事務所の取り組み方
当番弁護士の利用
ご家族らの注意事項

逮捕から刑事裁判までの流れ

逮捕以後の流れ
逮捕・勾留について
保釈手続について

告訴・告発について

刑事事件に関する専門用語

 
企業法務・顧問契約

企業を経営されている方へ

企業法務のご案内

特に相談例の多い分野

使用者責任
製造物責任法
特定商取引法

会社の設立手続

はじめに
会社の設立までの流れ
株主構成などの重要性

就業規則の整備

就業規則とは
就業規則の法的効力
就業規則に関する手続
 
手形・小切手

手形・小切手とは

手形制度
小切手制度
線引小切手とは
手形・小切手の振出
手形・小切手の裏書
偽造・変造

紛失してしまったら

不渡事故が起きたとき

 
少額訴訟

一人でできる少額訴訟

少額訴訟とは
少額訴訟がよく利用される事件
少額訴訟の特徴
少額訴訟の流れ
必要となる費用

向いているケース

進める上での注意点

 
本人訴訟

本人訴訟とは何か

はじめに
本人訴訟は可能か
本人訴訟の進め方

当事務所の支援方法

当事務所による部分的支援
支援できる場合・できない場合
 
法律文書の作成

文書作成の依頼

当事務所における文書作成
念書・確認書の作成
契約書の作成
内容証明郵便の作成

文書作成の手数料

 
顧問契約

顧問契約のご案内

当事務所の顧問契約
顧問契約の効果
顧問料について

顧問契約書の調印

 
その他の取扱業務

主な取扱業務

当事務所の主な取扱業務
扱っていない業務

他士業者のご紹介

セカンドオピニオン
セカンドオピニオンに関する問い合わせ
セカンドオピニオンの法律相談に対応していますかという電話をいただくことが時折あります。はい、対応しておりますと回答したいところですが、問題はそう簡単ではありません。

「セカンドオピニオン」制度は、医療の世界ではかなりの程度定着してきましたが、弁護士の世界では、まだ、あまり定着していません。それにはいくつかの原因が考えられます。

セカンドオピニオンが定着しない原因
まず、その第1の原因は、病気の世界には「標準治療」というものがあるのに、法的トラブルについては「標準治療」といえるようなものがないことがあげられます。
「標準治療」がある病気の場合には、保険診療の範囲内で治療を受けようと思えば、どこの病院、どの医師のもとで治療を受けたとしても、それほど大きな差異が生じません。
ところが、法的トラブルの場合、明らかな誤りとか、弁護過誤の場合は別として、解決に至るルートがたくさんあり、どのルートをたどるのが、最も能率的、効果的なのかは、大げさに言えば神様にしかわかりません。

ですから、他の弁護士が選択したり、選択しそうになっていたりする解決方法が妥当なものか、そうでないものかについて断定的な意見を述べることがかなり困難なのです。

第2の原因は、一人一人の弁護士の間の力量に差異があり過ぎるということです。特定の解決方法との関係でみても、一人一人の弁護士の、示談交渉や訴訟の進め方についての力量は千差万別であって、そのやり方で最良の結果をもたらすことのできる弁護士もいれば、最悪の結果に陥ってしまう弁護士もいます。

特に、ロースクール制度が設けられた最近では、経験不足から、信じられないようなやり方を選択したり、示談交渉の稚拙さや、法律知識の不足から勝てるはずの訴訟において簡単に負けてしまったりするような若手弁護士が現れてきており、彼らのやり方を見ていると、むしろ、法律事案が発生してしまった場合には、最も良い結果を手に入れるための最良の方法は、通常以上のレベルの弁護士を見つけることであろうと痛感してしまうほどです。
いずれにしても、比較される弁護士の力量について判断できないために、セカンドオピニオンを提示することがかなり困難なのです。簡単に言えば、ファーストオピニオンしか提供できないということです。

第3の原因としては、弁護士は、他の弁護士の仕事の進め方について批判することを嫌う傾向にあることが挙げられます。
セカンドオピニオンを気楽に述べる弁護士よりも、実際にその法的トラブルを担当している弁護士の方が、その事案に詳しいわけですから、ただ、ひと通り記録を検討しただけの弁護士が、やたらに批判的な意見を述べて、仮にその助言の内容が担当弁護士の耳に入ってしまったような場合、担当弁護士から業務妨害だとその逆鱗に触れたり、反対に懲戒請求を受けたりするおそれもあります。
自分が担当弁護士の立場に立てば、大した根拠もなく、自分のやり方について批判している弁護士がいると耳にすれば、この上なく怒りを覚えますしあまりに無責任に批判していると思えば懲戒請求することも考えます。

このような事情から、他の弁護士のことを批判したくないという気持ちが強くなってしまうのです。

第4の原因としては、セカンドオピニオンの結果によっては、依頼者が、先に依頼していた弁護士を解任してしまい、こちらに乗り換えてしまったというような場合には、結果的には他の弁護士の仕事を奪ってしまったと捉えられてしまうことも考えられ、このことが弁護士法で禁止している横取り事項に触れてしまうため、場合によっては、その仕事を奪われた弁護士から懲戒の申し立てを受けてしまうおそれがあるということも挙げられます。

セカンドオピニオンを求められる時期
セカンドオピニオンを求められる時期としては、最も多いのは、何らかの法的トラブルが発生してしまって、まずある弁護士を訪問して法律相談を受けたものの、納得のいく結果が得られないというケースがあります。この場合には、比較的気楽にセカンドオピニオンを申し上げることができます。
まだ、他の弁護士がその事件に着手しているわけではありませんから、どのような意見を差し上げても、その弁護士を批判することにならないからです。

次に多いケースとしては、既に他の弁護士がその事件に着手している場合や、第1審の判決を受けた後のタイミングで求められるケースです。
この場合には、セカンドオピニオンを差し上げるにあたっては、かなり慎重にならざるを得ません。
やたらな意見を申し上げるとその弁護士のやり方を批判する結果になってしまうことが多くなってしまうからです。このような場合、私であればこのような方法をとったと思われますという程度の言い方をすることになってしまいます。

最後に、その事件の処理が完全に終了してしまった後にセカンドオピニオンを求められることもあります。生じた結果に全く満足していない依頼者が、担当していた弁護士を懲戒請求しようとしているような場合です。
この場合には、批判的な意見を申し上げることが直ちにその弁護士に対する否定につながりますので、明らかに間違った方法をとっていた場合以外は、かなり遠回しに、ほかの方法もあったかもしれませんねという程度の発言で済ませることになります。

当事務所においてセカンドオピニオンをお受けする場合
以上のような考え方ですから、当事務所においては、セカンドオピニオンに対応することについてはそれほど積極的ではありません。

ただ、どうしてもと申し込まれる場合もありますが、そのような場合には、あくまでもこれは私個人の意見ですとお断りしたうえでセカンドオピニオンを差し上げることにしております。

ただ、そうはいっても、過去に40年以上弁護士の仕事を続け、この間に2000件以上の訴訟を体験してきた立場からすると、明らかに誤ったやり方をしてきたと思われる事案や、かなりの程度手抜きをしているなと感じる事案、別のルートを採ればまだよい方向に転じることが間に合うと思われる場合などには、かなり率直な意見を申し上げる場合もあります、その相談者の方がお気の毒だと思われるからです。

最後に、セカンドオピニオンは、医療の場合もそうですが、法的トラブルの場合にも、あくまでも参考意見であるに過ぎないとご理解いただきたいと思います。
ステージの進んでしまっているがんの患者に対して、ある医師は手術を勧め、ある医師は抗がん剤と放射線を勧め、またある医師は何もせずに放置することを勧めるかもしれません。この意見のいずれにも一理はあるはずなのです。

この異なる意見の中から、どの方法を選択するか、それは患者であるあなた自身なのですが、法的トラブルに対するセカンドオピニオンについても同じことが言えるのです。

▲ このページのトップへ
Copyright ©2003 - 2018 Tetuo Hara All Rights Reserved.  |  プライバシーポリシー