取扱い案件

一人でできる少額訴訟

少額訴訟とは

60万円以下の金銭請求について、一日で審理が終了し、審理終了後直ちに判決が言い渡される訴訟制度です。

少額訴訟がよく利用される事件

敷金返還請求、貸金請求、家賃請求、請負代金請求、損害賠償請求などです。
(金銭請求でない事件や、1回の審理で終われないような複雑な事件の場合には、この制度は利用できません)

少額訴訟の特徴

比較的簡単な手続きですので、弁護士に依頼しなくても、ご本人で訴訟を進めることが十分に可能です。当事務所では、ご本人でこの訴訟を進められる方のために、ごく低額の料金でご指導を差し上げております 。

少額訴訟の簡単な流れ

  1. 簡易裁判所に行き、訴状の定型用紙をもらう(このとき、裁判所の受付で、訴状の記載の仕方や必要書類、裁判費用等について説明してもらえます)
    ↓ 訴訟に向けた準備
  2. 訴状の用紙に必要事項を記載する。証拠書類をそろえる。必要な証人に裁判への出頭を依頼する
  3. 簡易裁判所に行き、訴状と証拠書類の写しを提出する
    ↓ 2ヶ月前後
  4. 簡易裁判所での審理(証拠書類原本の取調べ、証人からの事情聴取など)
  5. 審理終了後直ちに判決

以上のように、裁判所に2回か3回出向けば用が足りてしまいます。

少額訴訟にかかる費用

■ご自分で行う場合
手数料(印紙で収める) 500円〜3000円

切手代相手が1人――3910円
相手が2人以上――1人増えるごとに+2100円

この印紙代と切手代だけが実際にかかる費用です

■弁護士に依頼する場合(当事務所専用)
進行中に指導のみ行う場合 2〜5万円(標準は3万円)
すべてお引き受けする場合 10〜30万円(標準は20万円)

取扱い案件