取扱い案件

過労死・過労自殺について

過労死・過労自殺とは

過労死とは、長時間労働とか、会社内での人間関係の悪化など職場でのストレスが原因で、脳・心臓疾患(くも膜下出血、脳梗塞、急性心不全、心筋梗塞)などを発症し、これが原因になって死亡してしまうことです。
過労自殺とは、同様の原因によって、うつ病などの精神障害に罹患し、その結果自殺してしまうことです。

最高裁判所の判例でも、いわゆる職場のストレスが原因して、過労死したり、過労自殺してしまったケースについて、労災事故であると認定したものが多数あります。

既往症との関係

問題は、脳・心臓疾患や、うつ病などの精神障害などの既往症があり、これが職場のストレスによって悪化した場合にも救済されるかという点です。
この点については、最高裁判所の判例や、厚生労働省の通達では、自然の悪化に比べて、職場におけるストレスが、更にこれらの症状を増悪させた場合には、労災認定される可能性があるし、会社側が賠償義務を負うこともあるとしています。

会社側は、定期健康診断の結果などによって、その従業員に特定の既往歴があることを知っているわけですから、にもかかわらず、連日にわたる残業をさせたなどの点に、過失があると判断されてしまうのです。

どのような方法によって請求するのか

労災請求は、労働基準監督署に対して行い、会社に対する請求は示談や、場合によっては民事裁判によって請求することになります。

過労死や過労自殺のケースでは、大半のケースが既往症のあるものですから、職場のストレスが原因で死亡したことを証明することは容易ではありません。
これらの請求をしようとする場合には、是非弁護士に相談することをお勧めします。また、正式にことを起こす前に、まず弁護士に相談してみる必要があるでしょう。その場合には、どのような仕事をしていたのか、既往症の内容などに関する資料を持参していただく必要があります。

当事務所でも、過労死や過労自殺に関する相談をお受けしています。気軽にご連絡下さい。

取扱い案件