取扱い案件

医療過誤訴訟とは

医療過誤訴訟とは、誤診や不適切な診療行為によって患者が損害を被った場合に、そのような診療行為を行った医師または医師を管理する病院の賠償責任を追及する裁判のことをいいます。

どのような場合に医師等の賠償責任が認められるか

医師や病院側に賠償責任が裁判で認められるのは、医師や病院側に落ち度があったといえる場合に限られています。つまり、医師の判断や診療行為が結果的に誤っていたとしても、それだけで賠償責任が認められるわけではないのです。

例えば、以下のような場合には医師の賠償責任は否定されることになります。

  1. その当時の医療水準からすると、救命は無理だった
    医学は日進月歩ですから、裁判の当時は医療技術の向上などによって救命が可能になっていたとしても、その診療行為が行われた当時の医療水準からすると救命は無理であったというケースがままあります。
  2. 疾患の発見は無理だった
    例えば、癌が肺などに転移していたとしても、その病巣が微小過ぎて、レントゲン画像等で発見できないことがあります。このような場合において、転移が発見されなかったことにより病状が悪化して患者が亡くなってしまったとしても、転移巣の発見は無理だったとして医師の賠償責任は否定されることになります。
  3. 適切な診療をしていたとしても死亡は避けられなかった
    病状が既に深刻な状況に至っていた場合など、仮に医師が適切な診療を行っていたとしても、患者の死亡は避けられなかったというような場合も、医師の賠償責任は否定されることになります。
    (但し、最近の最高裁判例では、医師が適切な診療を行っていれば患者の死亡は避けられたという【蓋然性】まで証明できない場合でも、医師が適切に診療を行っていれば、患者が生存できていた【可能性】があるという程度の立証ができれば、医師の賠償責任が認められるという判断がなされました)
  4. 医師や病院側に落ち度はあったが、その落ち度が原因で、亡くなったり症状が悪化したものとは認められない
    例えば、重傷の糖尿病や、心臓疾患などの既往症があり、これらが原因であると判断されるようなケースです。

裁判の流れ

医療過誤訴訟の主な流れは、以下のとおりです。

裁判を起こすまで
【ご相談】
弁護士がご相談者から、診療行為の具体的内容やご相談者の感じている問題点などについて事情をうかがいます。

【証拠保全】
ご相談の結果、医療過誤の疑いがあるという結論に達すれば、裁判所に証拠保全という手続きを申立てます。証拠保全というのは、証拠の隠滅・改ざんを防ぐため、裁判所を通じてあらかじめカルテ、看護記録、レントゲン画像、各種検査結果等の証拠書類を確保しておく手続きです。

裁判を起こしてから
【訴えの提起】
裁判所に訴状を提出することにより、裁判がスタートします。訴状には、医療過誤があったこと、医療過誤によって損害を被ったことなど、損害賠償請求の根拠となる基本的事実が記載されます。

【事実関係・争点の整理】
病院側が訴状に対する反論の書面を出し、患者・遺族側が再反論の書面を出すという手続きが繰り返されます。ある程度双方の主張が出揃った時点で、診療経過や争点を整理する手続が行われます。

【患者・遺族・担当医などの証人尋問】
診療経過等の事実関係を明らかにするため、当事者の証人尋問が行われることがあります。

【専門医による鑑定】
医師の診療行為が適切だったのかといった争点について、裁判所が選んだ医師が専門的な意見を述べる手続が行われます。東京地方裁判所の医療専門部では、裁判所が選んだ中立的な専門医3名が、法廷において、ディスカッションのような形式で意見を述べあうという手続が採用されています。

【判決】
当事者の主張した事実関係、証拠書類、証人尋問の結果、専門医の鑑定意見などを踏まえて判決が下されます。

当事務所の医療過誤訴訟に対する考え方

当事務所では、医療過誤訴訟に積極的に取り組んでいます。
但し、前述のように、医師や病院側に賠償責任が認められそうなケースでないと、せっかく裁判を起こしても勝訴できないことになってしまいますので、裁判を起こす前に、かなり慎重に事前検討を行います。

裁判を起こすことを前提にお引き受けすると、着手金をお支払いいただくことになるのですが、医療過誤訴訟の場合には、実費程度の費用のみいただき、その代わり裁判が終わって、それなりの賠償金が得られた時点で、まとめてお支払いいただくという方法をとっているケースが少なくありません。従って、受任の時点で、必ず、報酬契約書に調印していただくようにしています。

いずれにしても、まず資料やメモを持って、法律相談においでいただくことにしています。相談料は、1〜2時間で1万円です。必ず、電話予約をしていただいております。

取扱い案件