新橋駅 徒歩3分 ・ 安心して依頼できる法律事務所
サイトマップ     お問い合わせ    

原・白川法律事務所 hara shirakawa law office

取扱い案件

相続・遺言

相続でお悩みの方へ

相続処理の流れ
相続人の範囲
遺産分割協議
分割調停
寄与分・特別受益
相続放棄・限定承認・単純承認
相続と登記
相続税の支払い 

遺言のおすすめ

遺言とは
遺言の種類
遺言が役に立つケース
遺留分
遺言執行者
遺言執行
遺言の無効
必要な手数料(当事務所用)
 
債権回収

債権回収とは

回収の方法

任意回収

相殺
債権譲渡
商品の回収

強制回収

競売の申立
支払督促手続
少額訴訟手続
民事調停手続
民事訴訟手続
強制執行手続

証文は必要か

消滅時効

 
借地・借家問題

借地借家法とは

借地借家法
借地に関する規定のあらまし
借家に関する規定のあらまし
借地関係
借家関係
定期借地権
定期借家権

借地非訟事件

借地非訟事件のあらまし
借地条件変更申立
増改築許可申立
賃借権譲渡許可申立
競売の場合の譲渡許可申立
借地非訟事件の特色
 
隣地・隣家問題

隣地とのトラブル

隣地問題の重要性
土地の境界の問題
塀や柵の問題
隣地の竹木等との関係
流水の問題
ガス管・水道管の設置

周囲とのトラブル

日照権・通風権・眺望権
騒音・振動
他人の土地の通行権

建物建築の際の注意点

建築工事の際の隣地使用権
建物の建築と境界線
目隠し設置義務
建築協定
 
不動産売買

不動産売買の重要性

売買を行う際の注意点
仲介手数料の支払い

境界トラブル

境界トラブルとは
協議による解決
筆界特定制度
筆界確定訴訟

瑕疵担保責任

 
交通事故

交通事故で困ったら

最近の情勢
弁護士に依頼すべきケース
3つの責任
事故を起こしたとき
当事務所の料金表

損害保険会社との交渉

損害保険会社との関係
自賠責保険・任意保険
休業損害
過失割合
後遺障害
 
医療過誤

医療過誤訴訟とは

賠償責任が認められる場合

医療過誤訴訟の流れ

医療過誤訴訟の困難性

当事務所の考え方

 
労災請求

労災請求について

労災請求とは
労災保険の対象
労災事故の認定要件
保険給付の内容

安全配慮義務違反

安全配慮義務とは
労災請求との関係
賠償金の支払い
 
過労死・過労自殺

過労死・過労自殺とは

過労死・過労自殺につい
過労死の認定条件
過労自殺の認定条件
既往症との関係
請求の方法

安全配慮義務違反との関係

 
労働トラブル

労働トラブルとは

賃金・残業代未払い
解雇・退職
休職制度の利用
パワハラ・セクハラ

労働審判制度

労働訴訟制度

 
債務整理

多重債務の整理

自己破産
任意整理
個人再生

過払金の請求

過払金とは
無料相談
 
成年後見制度

成年後見制度について

成年後見制度とは
利用されるケース
プライバシーへの配慮
申立手続の流れ
必要となる費用

任意後見制度について

任意後見制度とは
後見監督人の選任
 
離婚問題 

離婚をためらっている方へ

はじめに
離婚とは
協議離婚
離婚届の不受理制度
調停離婚
裁判離婚
当事務所の考え方
離婚原因いろいろ
必要となる費用

弁護士の探し方

離婚に強い弁護士

婚姻費用分担金の請求

離婚に関するパスワード

 
刑事事件

刑事事件について

刑事事件とは
当事務所の取り組み方
当番弁護士の利用
ご家族らの注意事項

逮捕から刑事裁判までの流れ

逮捕以後の流れ
逮捕・勾留について
保釈手続について

告訴・告発について

刑事事件に関する専門用語

 
企業法務・顧問契約

企業を経営されている方へ

企業法務のご案内

特に相談例の多い分野

使用者責任
製造物責任法
特定商取引法

会社の設立手続

はじめに
会社の設立までの流れ
株主構成などの重要性

就業規則の整備

就業規則とは
就業規則の法的効力
就業規則に関する手続
 
手形・小切手

手形・小切手とは

手形制度
小切手制度
線引小切手とは
手形・小切手の振出
手形・小切手の裏書
偽造・変造

紛失してしまったら

不渡事故が起きたとき

 
少額訴訟

一人でできる少額訴訟

少額訴訟とは
少額訴訟がよく利用される事件
少額訴訟の特徴
少額訴訟の流れ
必要となる費用

向いているケース

進める上での注意点

 
本人訴訟

本人訴訟とは何か

はじめに
本人訴訟は可能か
本人訴訟の進め方

当事務所の支援方法

当事務所による部分的支援
支援できる場合・できない場合
 
法律文書の作成

文書作成の依頼

当事務所における文書作成
念書・確認書の作成
契約書の作成
内容証明郵便の作成

文書作成の手数料

 
顧問契約

顧問契約のご案内

当事務所の顧問契約
顧問契約の効果
顧問料について

顧問契約書の調印

 
その他の取扱業務

主な取扱業務

当事務所の主な取扱業務
扱っていない業務

他士業者のご紹介

相続放棄・限定承認・単純承認
相続放棄(そうぞくほうき)とは、民法上の制度であり、相続人が遺産の相続を放棄することをいいます。

亡くなった人(被相続人といいます)の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースや、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどにこの制度が利用されます。
なお、この制度は、被相続人が亡くなったことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に手続をしなければなりません。3か月という期間はあまりにも短いので十分にお気をつけください。

また、3か月では被相続人の資産、負債の調査ができないという場合には、家庭裁判所に対して、期間の伸長の申し出をすることができますが、家庭裁判所はこの場合にさらに3か月間の期間(この期間を「熟慮機関」といいます)を延長してくれますが、そこまでが限度であって、それ以上は容易に認めてくれません。
さらに、3か月以内に、相続放棄または次にご説明する限定承認のどちらかを選択しなかった相続人は単純承認とみなされてしまい、仮に被相続人に多額の負債があった場合には、その負債も相続してしまうことになります(民法915条1項、921条2号)。

相続の放棄をしようとする方は、その旨を被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述しなければなりません(938条)。
申述をして受理されさえすれば、手続としてはそれで完了であって、限定承認と違って、それ以上の手続は必要ありません。
なお、相続の開始前には、強要のおそれがあるので放棄はできないことになっています。

相続放棄をした者は、初めから相続人とならなかったものとみなされ、放棄者の直系卑属については代襲相続も発生しないこととされています(887条2項参照)。

限定承認
限定承認(げんていしょうにん)とは、民法上の制度であり、相続人が遺産を相続するときに相続財産を責任の限度として相続することをいいます。
相続財産をもって負債を弁済した後、余りが出ればそれを相続できるという制度です。
負債を相続したくないときや、資産と負債の内容が複雑で、かなり調査しても結論が出ないような場合に利用されます。
ある意味ではかなり都合の良い制度ですが、手続がかなり複雑であるために、実務的にはあまり利用されていないといわれています。

なお、相続人であることを本人が知った日より3か月以内に、この限定承認または相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は単純承認とみなされてしまいます(民法915条1項、921条2号)。

限定承認とは、相続人にいわば相続財産承継における有限責任(逆に言えば単純承認は無限責任ということになります)という恩恵をもたらすものですから、相続債権者との利害調整が必要になるため、民法では926条から937条までに、この限定承認の申し立て以後に限定承認者が行わなければならない手続の内容に関して詳細な手続を規定しています。

このように、限定承認手続はかなり複雑な手続であり、完結までにはかなりの期間を要するものですから、どうしてもこの制度を利用したいという方は、この制度に詳しい弁護士に依頼すべきだといえるでしょう。

単純承認
単純承認(たんじゅんしょうにん)とは、民法の相続法上の制度です。
簡単にいえば、被相続人の権利義務(資産と負債)を承継することを相続人が無限定に承認することです(920条)。

単純承認の場合には、相続放棄や限定承認と異なって、積極的な行為をする必要がなく、被相続人が亡くなったことを知った時から3か月間に何もしなければ、民法921条の規定によって単純承認したものとみなされてしまいます。

そして、民法921条では、これ以外にも以下のような場合には、単純承認したものとみなすと定めています。
①相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき。ただし、保存行為および602条 に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
②相続人が915条第1項の3ヶ月(熟慮期間)内に限定承認または相続の放棄をしなかったとき。
③相続人が、限定承認または相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部もしくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、または悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。
実際には、これらの規定にあたるのかどうかの判断に微妙なものがある場合が少なくありません。どちらになりそうか判然としない場合には、弁護士に相談すべきだといえるでしょう。

単純承認となると、被相続人の資産、負債のすべてを相続することになってしまいますので、仮に負債のほうが多いことが判明したとなると大問題ですから、そのような場合にも至急に弁護士に相談してみてください。

次の記事は、「相続と登記」です。 [読む]
▲ このページのトップへ
Copyright ©2003 - 2018 Tetuo Hara All Rights Reserved.  |  プライバシーポリシー